<燃えよドラゴン>はブルースリーが大スターに成るきっかけとなった映画である。
日本でのヒットぶりも相当な物だったと云われている。
そのストーリーを簡単にご案内してみたいと思う。

現実はサンドバックを何千回も打って作成した拳ダコなのだそうである。
そしてこのレポートの後、ブルースリーの基に少女が寄ってきたのを茶目っ気ある対応で応対していたそうである。
ブルースリーの人柄が把握出きるエピソードである。
このようなブルースリーは体中を鍛え上げていたみたいのであるが拳も殊更に鍛え上げていたみたいのである。

しかし敵である日本武術一派は日本国軍主義の手先でも有る。
それを活用し、警察も仲間にプラスしてリーを追い詰めて足を運ぶ様に成る。
追い詰められたリーは復讐を誓い、チャンスを多種多様な人に変身しながら伺っていた。
そこには復讐と云う悲しい気持ちだけではなく、恩師の娘との恋模様も描かれていた。
そしてついに敵との対決の日がやってきたのである。
それはまさに死力を尽くした戦いになった。
リーは体一杯に殺意をみなぎらせ、絶叫を響かせ、修羅場と云える戦いを全力で戦い抜きた。

こういった具合にして解説している事も考えすぎなのかも知れない。
ブルースリー主演で<燃えよドラゴン>が大ヒットしたのも有って、[Don't think feel](意味:考慮しないで実感するのだ)と云う言葉はずいぶん超有名になったそうであるが、他にもたくさん明言をブルースリーは残しているみたいな為、吟味してみると興味深いとおもう。
どんな流れでこの言葉を発したのか、観た事ない方はいっぺん<燃えよドラゴン>を観てみて確認してみてはどうだろうか。